旅と今昔語りの徒然ブログ

住みにくい世の中を出来れば笑って暮らしたい、寛容でおヒマなかたのみ歓迎の気まぐれブログです。

初めてのヨーロッパ旅行 イタリア・ナポリ

ナポリはローマから鉄道で南に3時間の距離にある。
鉄道旅にトーマスクックの時刻表は欠かせない。
馴染んだページを繰って普通列車を選び出し、石畳の道にキャリーバッグのキャスター音を響かせてテルミニ駅に歩いた。
テルミニ駅は写真や映画で見た通りそこにあった。プラットホームは低く、乗客は手すりを掴むか車掌の手を掴んで乗車する。
『昼下がりの情事』のパリや、『007ロシアより愛をこめて』で見たオリエント急行ザグレブ駅と同じだと、少し感動しながら乗り込むと昼下がりの列車はだるそうにナポリを目指す。『ひまわり』で、窓外に咲き誇る無数のひまわりを虚ろな目で眺める悲しみのソフィア・ローレンを思い出し眼を凝らす。
が、車内や窓外の様子はどう頭をひねっても思い出せない、おそらくほとんど眠っていたのではないかと思われる。

ナポリ、ホテル前の賑やかな朝市で起床

ナポリ、ホテル前の賑やかな朝市で起床

ナポリはローマに比べてずっと田舎で、降り立ったナポリ中央駅の表には何のためにそこにいるのか分からない人々が、駅から出てくる乗客を眺めている。
しかも、そのほとんどが青黒く光る肌を持った本場の黒人の皆さんだ。
でも何でこんなにイタリアに、と思ったが何のことは無い、地中海を挟んだ向かいはアフリカ大陸で、チュニジアアルジェリア、モロッコは目と鼻の先だ。彼らにすれば何でここに東洋人がと思ったのだろう、上から下までを無言の真っ白い目でスキャンされて妻は僕の背中に隠れた。
駅前のガリバルディ広場に面したナポリでの宿は、これも年季が入っていて面白い。
まず、旧式のエレベーターで昇った客室フロアの廊下の灯りは自分でスイッチを押さないと点かない。壁の数か所に年代物の丸い大きなスイッチが並んでいて、歩きながらこれを押して順番に点灯する。歩いている間の何秒間かで自動消灯するので急いで次のスイッチにたどり着かないと暗闇になる。モグラ叩きのような、このスイッチ叩きゲームが滞在中の日課になった。
バスルームはと言うと、昔の映画に出てくるような白い猫足のバスタブが鎮座しており、寝室よりも広いのではないかと思われるスペースのどこでどうして体を洗ったらよいのか分からず、裸でウロウロし、腰から天井まである大きな旧式のガラス窓には何故かカーテンもブラインドも無い。しかもこのホテル、中庭を取り囲むロの字構造をしており、向かいの部屋からバスルームが丸見えである。その際はお互いに素っ裸だから良いようなものの、この有り様は如何なものか。これはこのホテル特有のあるいはナポリ一般の風習や否や。本場ヨーロッパの浴室は落ち着かず、どうしても馴染めない。

港湾都市ナポリは海際まで山が迫っているが、ローマの歩き過ぎからベスビオ火山の方角には登る気にならず、港とダウンタウンのレストランを巡って歩いた。
ここでも、ケーブルカーに乗らず、ポンペイも知らず、事前調査不足丸出しのツーリストとなった。

カプリ島

ここでの計画はカプリ島に渡って青の洞窟を見る事だった。
港からあれこれ出ている観光船に乗れば小一時間で着く。

f:id:countryman81:20210506182621j:plain
上陸したカプリ島は外周17km、千代田区とほぼ同じ面積のリゾートアイランドだ。ほぼ断崖絶壁の全島まるごとが高級リゾートで、高台には長期滞在型のホテルや有名人の別荘が立ち並ぶという夢の島、本当の意味で、である。
玄関口のマリーナグランデ港に並ぶ色とりどりのタクシーは全て屋根をハッピーに改造した年代物のオープンカーで、見とれるくらいに美しい。

マリーナグランデのビンテージタクシーたち

マリーナグランデのビンテージタクシーたち

青の洞窟に行く方法は2つあるらしい。陸をたどって近くまで歩き、そこからボートに乗るか、はなからボートで海を行くか。
徒歩好きの僕たちは前者を選び、高級ブティックやブランドショップを横目にボート乗り場へ急いだ。乗り込んだ手漕ぎボートの乗客は我々を含めて4、5人、船尾に立った陽気な船頭が大きなオールを漕ぎながら唄うサンタ・ルチアに唱和しながら洞窟に接近する。
到着した現場には先着の何艘ものボートが波間に上下して、どうやら洞窟に入る順番を待っているらしい。イタリアで初めて遭遇する渋滞だった。
で、洞窟はどこよと船頭に問えば、あれをご覧と指をさす。目前の崖の水際に目をやると黒い三角形の海食洞の上端が、鯨の背のようにうねって寄せる波に見え隠れしている。
え、ちょっと待った。三角形が波に沈んだりしてるし、そこ、入れないでしょ、今日はダメな日でしょ。
船頭は、「何言ってるのよ、任しとけよ」と言ってるらしい。今回イタリア人に任して、良かった経験がなく急に不安になった。

ー つづく ー

初めてのヨーロッパ旅行 イタリア・ローマ 

 アクア ミネラーレ センサ ガス

1992年7月17日

北回り空路でイタリアに着いた。
ローマ、フィウミチノ空港(レオナルドダヴィンチ空港)。通貨を両替して表に出た時には夜も更けて、ホテルまではタクシーに乗るしか手立てがなかった。
ターミナルビル前でたむろしていた中年の運チャンの一人が飛んできて、年季の入ったフィアットのトランクに我々の荷物を放り込む。

2週間のヨーロッパ旅の始まりだ。

イタリア語と訛りの強い英語のちゃんぽんで機関銃のように喋る中年ドライバーは夜も遅いというのにやたらと観光スポットに寄りたがり、いいから早くホテルに連れて行けと英語と日本語のちゃんぽんで負けずに応戦し、賑やかなフィアットはローマ・テルミニ駅近くの暗くて古い石畳の路地でようやく停車した。ここがあんたらのホテルだと言う。看板もネオンもない古色蒼然のビルを覗くと、レセプションと思われるカウンターとホテルマンらしき人影が見える。
車に戻り料金を払い荷物を降ろしていると機関銃ドライバーが、渡したリラ札をビラビラ振りながら何かまくし立てている。どうやら金が足りないと言っているらしい。
一部始終を見ていた妻が、「このヒトさ、渡した札をすり替えたよ」と言ってドライバー氏のポケットを指さす。と、ばれたかとクッキリ顔に出した機関銃ドライバーは大仰に両手を広げ、イタリア人とは思えぬ正確さで釣銭を戻し、「OK、OK」と明るく言い残して暗い路地をアッという間に走り去った。
チップいらんのかい。

徒歩で巡るローマ

この手のすり替え詐欺はローマでは日常茶飯事、朝晩のご挨拶のようなものらしい。
以降、面倒な儀式を避けるために滞在予定の数日間はタクシーを使わないと決め、テルミニ駅を基点にして、どこへ行くにも徒歩で炎天下のローマ市内を呆れるほど徘徊した。
とにかく熱い夏だったが、幸いに水は町のいたるところで売っている。
人懐っこい売店のおばさんやお兄さんに、
「アクア ミネラーレ センサ ガス」 炭酸無しの水頂戴、が口癖になった。

トレビの泉、真実の口、スペイン階段、サンタンジェロ城と歩きに歩き、バチカンの広大な広場の端で、彼方に威圧的な建物を仰いだ時は流石に心が折れて回れ右。
目前のカフェに飛び込んで冷えたビールで生き返った。日陰の涼しさとビールの美味さ、これがローマの素晴らしさだ。
が、考えてみると徒歩圏外には行かず、美術館巡りもせず、コロッセオもカラカラも空港からのタクシーで通りがかっただけ。
あの夜のイカサマドライバーにもっと案内させれば良かったかと思うも後の祭り、オードリーヘップバーンとグレゴリーペックの痕跡を辿る、短い『ローマの休日』となった。

f:id:countryman81:20210502002128j:plainトレビの泉にお約束のコインを投げ入れる。
夜になると貧しいオジサンがこっそり回収に現れ、近所の酒屋で安いワインを買うという願いを叶えると誰かに聞いた。

f:id:countryman81:20210502003756j:plain『真実の口』 入口で訳もなくキンチョーする。
f:id:countryman81:20210502002620j:plainあっさり手を突っ込む、神をも恐れぬカミサン。ためらうワタシ。

f:id:countryman81:20210502002939j:plainスペイン階段の確かこのあたりだったと、グレゴリーペックを気取る映画フリーク。

f:id:countryman81:20210502005222j:plain

バチカンというのは広場だけの国ではないか、と思うほど広く何もない。
そう考えた浅はかな我々は、世界の至宝たる天井絵画も仰ぎ見ず、この世の天国図も知らず、最後の晩餐にも間に合わず、、何と無知な観光客だったことか。

次の目的地はナポリ

Dear Friends ;

Sorry guys, only in Japanese here.
Please visit the first writing, below.
今更の、はじめの一歩(その1) - 旅と今昔語りの徒然ブログ (hatenablog.jp)

 

初めてのヨーロッパ旅行 準備編

Dear Friends ;

Sorry guys, only in Japanese here.
Please visit the first writing, below.
今更の、はじめの一歩(その1) - 旅と今昔語りの徒然ブログ (hatenablog.jp)

念願の旅へ

 1992年7月。

サラリーマン生活の宿命で、北陸の古都・金沢に単身赴任していた。
外資系企業勤務のメリットのひとつとして、長い夏休みが取りやすい傾向が上げられる。赴任3年目のその年、営業職としては結構な無理を通して夏の休暇を取り、かねてからの思いを果たすべくヨーロッパへの旅を敢行した。
僕の計画にははっきりした目的があり、そこに妻の希望を重ね合わせると市販のツアープランでカバー出来ないことは分かっていた。
そこで、金沢・香林坊のHIS営業所に出向き、日程とルートを告げて出来るだけの手配をお願いした。
依頼したのは成田から北回り航路でローマに入り、フランクフルトから成田に戻るオープンジョーの航空券、ローマ、ナポリルクセンブルグマンハイムのホテル、そしてローマからルクセンブルグまでの寝台列車予約だった。

エーデルワイス

往復航空券とホテルは難なく取れた。寝台列車丸善で買ったトーマスクックの時刻表を頼りにあたりをつけて、エーデルワイス号という国際列車の個室寝台が予約できた。
このロマンチックなネーミングの列車でロマンチックな奴に出会ったことで発生したひと騒動はのちほど。

もうひとつ、絶対に手に入れたいチケットがあった。
これは日本では覚束ないため現地での購入がベスト。幸いなことにルクセンブルグ在住の友人がおり、お願いしたらあっけなく買うことが出来た。
ルクセンブルグを旅程に入れているのはそのチケットを受け取るためでもある。
これで日本での準備は万端整い、あとは現地で移動のレンタカーと近距離の鉄道切符を駅で買えば良い。

今回の旅程をザックリ書くと、まずローマで数日滞在、ナポリに鉄道で南下し数日滞在して再度鉄道でローマに戻る。ローマから夜行寝台列車で北上しスイス、フランスを通過してルクセンブルグで下車し数日滞在。ここからはレンタカーを借りて目的地であるドイツのマンハイムまで走り、車はここで返して週末を過ごす。あとは電車移動の繰り返しで最終滞在地のフランクフルトへ、そこから空路成田に戻るという12日間の旅だ。

なぜマンハイム

ドイツ南西部に位置し、フランス国境からそう遠くないマンハイムは人口30万人を超え、幾重もの古い城壁に囲まれた学園都市だ。ここからライン川沿いに20kmほど南下するとホッケンハイムという人口数万人の静かな町がある。ここは僕にとっての聖地のひとつであり、おそらく町の人口を超える観衆が世界中から集まるイベントが7月26日に開かれるのだ。
ホッケンハイムリンク、1932年にオープンしたこのサーキットで開かれるF1グランプリをこの目で見る、生のアイルトン・セナ・ダ・シルバを見る、それが旅の最大の理由だった。
毎年夏は夢のF1ヨーロッパラウンドのシーズンで、本当はイタリアグランプリを見たかったのだが日程が合わずドイツグランプリを選んだ。友人に頼んで手に入れたプラクティスから決勝までの、日本で買えばプラチナ感満載の通しチケットはしかし、大丈夫かコレ、と思うほどチープな紙切れだったが。

イタリアへ

仕事以上の情熱で旅の手配を終え、くれぐれも不在中にトラブルを起こすなとヤンチャな部下たちにくぎを刺し、うるさ型の顧客には帰国後の丁寧な対応をお約束して回り、上司の顔色を精査して休暇届けを素早く出し、スマホなど世の中に無い良い時代だったのでホテルのFAX番号を連絡先に残し、事実上連絡不能の2週間の旅に出た。

話せば長~い旅なので、何回かに分けて書くことにして、次回はイタリア編。
北回りでロシアのモスクワ近郊シェレメチェボ空港でトランジットして、ローマのフィウミチーノ空港に着いたのは夜も遅く、ホテルまでタクシーを使うしかない時間だった。
イヤな予感がした。

ホテル前の古い町並み

ホテル前の古い町並み



今更の、はじめの一歩(その2)

Dear Friends ;

Sorry guys, only in Japanese here.
Please visit the first writing, below.
今更の、はじめの一歩(その1) - 旅と今昔語りの徒然ブログ (hatenablog.jp)

 

振り返ってみる

そこで、何から書くか思案しつつ、人生を点検してみた。

幼少期:
高度経済成長期の典型的共働き家庭に生まれ、親の背を見てほったらかしで育った。
京浜工業地帯に労働者を送り出す町で、回りは誰も大抵貧しかったので特に自分が不幸と思ったことは無い。
小学生になると我が家にテレビなる装置がやって来て上座に置かれ、月光仮面は欠かせなくなった。
アメリカの信じられないハッピーなテレビドラマに衝撃を受け、憧れ、「ボクの親はひょっとして、ホントは、アメリカの金持ちじゃないの?」と母に尋ねたらひっぱたかれた。
近所に出来た幼稚園は子供が集まらず、必死の勧誘に負けた母の指示で入園するもイタズラが過ぎて中途退園、以降鍵っ子としての歳月を過ごす。
書けるか? 
微妙。思い出そうにも、写真も殆ど無い。まだらな記憶を揺さぶるような刺激が起きたら書く。

学びの17年:
地域的にあまり品の良ろしくない小中学校では、簡単に色に染まり、やたら暴力的な教師たちの体罰をなんの抵抗もなく受け入れ、先生にビンタされたと告白すると親に叩かれるので内緒にし、家庭訪問の前後は行いを慎むスベを覚えた。
高校は中学の悪童仲間が来ない、離れた都心の都立高校を受験し、どう間違えたか合格し、都会的な悪童たちに交わって過ごした。
大学はスペイン語科だけを選んで2校受験し、第一志望は見事不合格。
第二志望校に合格しても落ちたと嘘をついて浪人しようと思ったが、当時親以上に硬派だった兄が合格発表に付いてきて合格がバレ、やむなく横浜の大学で5年間を過ごす。
大学では部活とナイトラリーに精を出し、バイトが忙しくて授業などに割く時間は無く、スペイン人の先生が必ず出席を確認する必修のスペイン語クラスで、遅刻の理由をスペイン語で説明できないこと再三再四、故に落第留年。

スペイン語出来ないから来てるんですけど。

車とバイクに溺れるために、ゼミも卒論も不要という夢の経済学部に転部して卒業。
書きたいか? 
良い時代だった。ムリのない範囲で書く。

仕事遍歴:
外資系企業で27年間、可愛げのないヒラヒラ社員から課長、部長へとイバラと落とし穴の表階段を上出来に登り、調子に乗って起業して一足飛びに零細社長。日本のシキタリをいやと言うほど味わわされて開店休業し、日本のベンチャー企業で市場開拓に飛び回り、東南アジアからついにはアフリカへ突撃し今に至る。
ヒラヒラ社員から始まる人生双六を行きつ戻りつ、係長、課長、部長、常務、副社長、社長までを転々とし、盛り場で背後からお兄さんに「シャチョーッ!」と声をかけられると思わずニヤッと振り向く癖はまだ抜けない。
書いても大丈夫か?
まだ存命の先輩や同僚がいる。墓場まで持っていくべき事柄もなくはない。
彼らの名誉と、自分の見栄が大事。ゆえにホドホドに書く。

暮らしの今昔:
両親と義父は既に見送った。義母は施設で健在。兄が一人、ステントを多用して存命。妻が一人、怖いくらい健在。実子はいない。隠し子も残念ながらいない、前科もない。どの過去に戻りたいかと聞かれたら、あんな恥ずかしいコトを繰り返したくはない。子供に生まれなくて良かったと思ったりもする。
人生で一番楽しかった時期は、と問われれば明日と答えたい。
面白いことが有ったか? 
そこそこ有ったので、こそこそ書く。

旅:
思えば、公私で随分あちこちに行った。書いても人に迷惑はかかりにくい、多分。
どれほど旅したか、宿泊滞在を条件に勘定してみた。
国内は多分あと4県で野宿も含めて全県完全制覇。
海外は多分25か国。トランジットを含めるとプラス9か国。まだ行ったことのない大陸は南極大陸を除くと南米のみ。
ためになることは有ったか? 
あった、アッタ、ATTA。

馬鹿なことも沢山したが、それも誰かの参考になるかもしれないので、ごっそり書く。
ただし、大半はカビの生えたような古い話であり、時に盛ったりもするので責任は持てない。
記憶に残る国や旅は数々あった。今も訪れ続ける国もある。
初めてヨーロッパを旅した、記憶に深い1992年。まずはこの旅のことから始めてみようと思う。

Isola di Capri カプリ島 1992年

Isola di Capri カプリ島 1992年



 

今更の、はじめの一歩(その1)

Dear Friends ; 

Hello guys, I'm sure you are here by mistake, and unfortunately I have no talent to turn these illogical writings into English or other languages. So please use a clever translation app, when you get in. Or visit another diary blog written in my humble English.
https://countryman81.hatenablog.com/

 

人生下り坂で考えた、

智が働かず角を立て、情に棹をとられて流された。
意地を通せば迷惑だ。とかく都会は住みにくい。

住み難さが高じてのことではないが、東京から房総半島の田舎に移り住んで15年が過ぎた。北へ南へ、足を運びグーグルマップで探索し、リアルにデジタルにロケハンを重ねた場所選びだった。
二股掛け居住を房総に集約して10年になるが、東京の旧宅から現住居までは東京湾アクアラインを渡れば車でわずか一時間半、仕事柄よく使う羽田空港まではどちらからも1時間でほぼ変わらない。社会化実験という手口で通行料を800円まで劇的に下げてくれた森田健作・元県知事に感謝しつつ、今も頻繁に利用している。

東京から房総へ

30年以上を暮らした世田谷は区民80万人を超え、高齢化が進む中で公的サービスが危うい。
片や我が町・大多喜は人口が9,000人を割ってなお減少に歯止めがかからず、歴史の名残を留める旧商店街にはシャッターが目立つ。
東京湾を挟んでわずか80kmの距離で景色も人々の暮らしも別物になる、この違いはどうしたことかと考えてしまう。

我が身でいうと、春夏秋冬、季節ごとの作業で畑に立ち、時に山に入り、雨や風、霜や雑草や害虫、益虫、害鳥、害獣や様々なヒト類たちと折り合いをつけながらの日々である。
会社仕事という人工作業とも完全におさばらした訳ではないが、コロナ禍で失業状態が続き再開はおぼつかない。企業戦士と呼ばれた団塊世代の先輩方の末端にいて、人並み以上には働いた実感があるし、ま、いいか。

気取って言えば晴耕雨読

平たく言えばドロップアウト気味の人生を振り返ってみる気になった。時間もあるし。歳を取ることはそう悪いことでもない。
人生下り坂サイコー とチャリンコ番組で火野正平も言っている。

何を書き連ねるか考えた結果、何でも書くと決めた。
ただし、辛かったことはわざわざ書きたくない、出来れば思い出したくない、読んでくださる人たちにも迷惑だ。
だから笑い飛ばせることを抽出して、ろ過はせず、顔から汗が出ても正直に書く。
とはいえ必要以上に恥をさらしたくはないし、まだ人生は一部現役で、ひょっとすると今後の仕事に悪影響が、、及ぶわけ無いか。
とにかく、お見苦しいところは寸止めにして、記憶がまだらな辺りは許されると自分が勝手に判断する範囲で話を盛ることにした。
過去を時系列で振り返るのも、つまらないから止めて、気の向くままに散漫に、あの時この時を行ったり来たりで書いてみようと思う。


ーその2へ続くー

f:id:countryman81:20190625232944j:plain